最新行事のお知らせ

高校行事報告

[行事報告]19年10月28日から11月1日 高校2年研修旅行

  10月28日(日)から11月1日(金)までの4泊5日、心地よい秋の日差しに恵まれて(全日晴天)、北九州を満喫しました。
 高校の研修旅行の大きなテーマの一つが、平和学習です。原爆資料館の見学や被爆者の方から直接お話を聴き、核兵器の脅威について学びます。
 「平和とは、人の痛みの分かる心を持つこと。それが平和の原点です。」「生きる勇気を持ち、素晴らしい人生を送ってください。」、病をおして力を振り絞って語られた下平作江さんの叫びに、真剣に耳を傾け、平和な世界を築くためには何ができるのか、何をしたらよいのか考えました。
 また、九州は、海外交流の一大拠点であり、文化・歴史・自然を学ぶにふさわしい地です。
 今年度は、2018年に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産として世界文化遺産に登録された「原城跡」を訪れたり、雲仙ロープウェイで上がり、普賢岳・平成新山を間近で見ることができました。紅葉も素晴らしかったですね。
 淑徳の研修旅行は、事前に訪れる地を調べ、実際に見て、聞いて、学んだことを深めていきます。向き合うところはしっかりと真剣に学び、楽しむところは思いっきり楽しんでと、自然に気持ちの切り替えができ、多くのことを感じた旅行でした。

一覧へ戻る

ページトップへ